【花島瑞江】息子との時間を長く過ごしてきた私はいつしか息子を一人の男として見るように…