【大川直子】息子の尋常ない熱い想いに応える為に…