【加藤貴子】近親相姦の母、本当はダメなはずなのに身体は快感を求めてしまう。

いつものように長男に体を触られている母の貴子。こんな破廉恥な行為は早くやめたいと思っていたが、乾いた五十路母の肉体はなかなか快楽から抜け出せずにいた。一方、貴子に「僕だけの母さんでいてほしい」と甘えてくる次男。貴子は長男が実の息子ではないことを告白し、今までのウソを詫びるように次男との距離を縮めていく…。