息子のチ〇ポにこんなに興奮するなんて思いもしなかった。知ってはいけない快楽に飲まれた四十路母はきっともう後戻りはできない…。

四十路母はオナニーしていたところを息子に見られてしまい、素直に欲求不満な胸中を語り始める。母のいやらしい生態を目の当たりにした息子は思わず股間が反応。「お母さん、ケンちゃんのおチ〇チンが欲しくなっちゃった…」そう言って息子を抱き寄せてキス。その後、母の唇は息子のチ〇ポをめがけて一直線。息子のチ〇ポがこれほどまでに自分を興奮させるもだったとは…。母であることを忘れ、剥き出しの性欲で息子の肉棒を堪能する。

▼動画はこちらから。スマホ対応。