誘ってきたのは母さんの方じゃないか…!五十路母は何をしていてもエロ過ぎて、僕は勝手に誘惑していると勘違いしてしまい…

父親の再婚相手の熟女が艶めかしくてつい、いつも目を奪われてしまう。そんな彼女を見ると、いつもいやらしい妄想ばかりが働く。ある日、彼女にマッサージを頼まれたのだがその柔らかい触れ心地に息子の肉棒はあっという間に硬くなってしまう。母の尻にそれを擦りつけていたのだがそれだけではどうにも治まらず思わずバック挿入。抑えきれない気持ちが暴走し始める。

▼動画はこちらから。スマホ対応。