息子に知られてしまった五十路母の欲求不満 肉棒に飢える母の膣を満たしたのは息子のチ〇ポでした

父親がしばらく家に帰ってこず時折寂しそうな表情を浮かべる五十路母。仕事ではなく女でも作って帰ってこないという察しがついているからだろう。そんな母を不憫に思う息子は母の為になにかできないかを考えていた。ある日、息子は帰宅すると母がオナニーしているとこに出くわしてしまう。「お父さんがずっといなくて母さん寂しかったの…」そんな心境を打ち明けてくれた母を優しく抱き寄せる。

▼動画はこちらから。スマホ対応。