大島優香 犯される温もり…背徳の四十路未亡人 夫の遺影の前で犯されて、気が狂うほど絶頂した私。

大島優香の『夫の遺影の前で犯されて、気が狂うほど絶頂した私。』です。夫の急死に悲しむ優香。そこに訪れた義兄から受けた理不尽なレイプが悲しみに暮れる優香を更なる不幸が襲う。毎日義兄に犯される日々のなか、優香の心情に変化が訪れる。罪悪感が背徳感へと変わり、彼を受け入れ始める。夫の遺影の前で身内の肉棒によがる四十路未亡人。

▼動画はこちらから。スマホ対応。

1


2