美熟女の熟女動画

四十路

【風間ゆみ】愛しあう四十路母と子の熱愛母子相姦!

四十路

ゆみは耕太を女手一つで育ててきた。耕太は無事に大学に進学し、成人を迎えた。子育ても一段落したと感じていた。そんな時に、友達の紹介で一人の男性と知り合った。群馬に住んでいる大川という男だった。一見、チャラそうに見えても、誠実で優しい大川にゆみは惹かれていった。遠距離恋愛だが二人は幾度となく会っていた。大川との再婚を考え始めたゆみは、温泉旅行に行こうと耕太を誘って、新潟へと向かっていた……

五十路

【円城ひとみ】M男たちが求める高級痴女サロン!門外不出の性感施術!

五十路

M男たちが本物の快楽を求めて訪れる高級痴女サロン。経験豊富な円城ひとみがお客様のニーズに応えた徹底的なサービスでM男の性感帯を刺激!強烈な手コキ足コキ金玉しごきや目隠しフェザータッチの身震いするほどの痴女的至高快楽!呻くM男のアナルをほじくり回し凶悪なペニバンファックや容赦ないオマンコセックスで犯し尽くす最上の空間!絶頂したM男の精液をたっぷり搾り取り心身共にリラックスさせる門外不出の性感施術!!

四十路

【風間ゆみ】ラブラブ夫婦の本気モードSEX!借金返済の潮吹きセックス!

四十路

美しいおかんと不器用だけど根は優しいおとん。肝っ玉おかんのゆみはギャンブル好きなおとんがこさえた借金を解決すべくサラ金会社に乗り込む!おとんの友達だと思っていた男がサラ金社長と知り騙されたゆみは手下に襲われる!負けん気の強いゆみは逆に手下のチンポを翻弄する快感痴女ハメ!尻拭いばかりでもおとんを嫌いになれないゆみは寝室で愛を確かめる夫婦の熱い営み。本気モードSEX、このゆみさんはかなりすごいですよ!

五十路

【円城ひとみ】母に噂の媚薬を飲ませたら、性欲が有り余ってだれかれ構わず襲い掛かる!

五十路

クラスの友達から手に入れた噂の秘薬。さっそく大好きなあの娘に使ってみたいけど本当に効果があるのか不安。まずはすっかり色気がなくなったウチの母さんで試してみよう。こっそりお茶に混ぜておいたら、突然トロ~ンとした目でオナニーしだして…大成功!かと思いきや!?なぜか母さんが僕らをジッと見てる!!違う!母さん!僕は息子だよ~!!

四十路

【円城ひとみ】夫の目の前で痴漢にイカされちゃう人妻

四十路

まさか、夫が目の前にいるのに痴●にあうなんて…。ひとみは、痴●に下半身を触られ恐怖で抵抗する事もできず、夫の前でイカされてしまう。(痴●なんて犯罪なのに…どうしてこんなに感じてしまうの!?)夫と一年もの間セックスレスに陥っていたひとみ。その身体は拒絶する心とは裏腹に熱い蜜を滴らせていた。久方ぶりの快感にひとみは酔いしれ、再び痴●を求めて電車に乗り込んでいき…。

四十路

巨乳従業員が若いチンポに犯される!野獣のようにマン汁をまき散らしイキ狂う熟女達!

四十路

年上で色っぽい不動産レディに惹かれていく男子学生。抑えきれない欲望は2人きりになった内見中の物件で爆発!がむしゃら乳揉み!なめくじキス!スカート内クンニ!暴走する男子学生を優しくなだめる不動産レディであったが勢いに押され次第に感じだす。そして発情した不動産レディは男子学生を押し倒すと騎乗位で腰を振りだすほど淫らに豹変!!

四十路

【風間ゆみ】5連続ザーメン搾取プレイ!あじわいごっくん!

四十路

熟れたオンナが汚汁に溺れる―。「久しぶりに刺激的なコトがしたくなって…」と、Hカップの熟れた爆乳ボディが卑猥にソソる風間ゆみ。女優歴18年目、AV界のレジェンド女優に快楽を与えると、瞳を潤ませてスイッチON! 妖艶に乱れて快楽を貪欲に欲しがり、ご要望通り美人ヅラを白く汚してやると、久しぶりに味わう《浴びる快楽》にどっぷり陶酔。何度も何度も下品に喘ぎながら懇願して、ドロッドロッに汚汁まみれにされてオクチに入った白濁汁を思わず飲み干し堪能する、刺激的で妖艶なザーメン遊戯祭!!

四十路

【風間ゆみ】一度きりの浮気で秘密を守るためにいいなりになってしまう四十路熟女!

四十路

夫が連れてきた部下の顔を見て由美(風間ゆみ)は愕然とした。部下は由美がこっそり浮気を楽しんだ時の相手、岩崎だった。二人の関係がバレたら大変なことになる…。由美は動揺を悟られまいと表情を変えず、そ知らぬふりをして岩崎を歓迎するが…。由美の弱みを握った岩崎はニヤリと微笑んだ…。

四十路

【円城ひとみ】泥酔して部屋を間違えた欲求不満の四十路熟女がが他人に襲い掛かっちゃう

四十路

ある夜のこと。ベッドで寝ていた池田の部屋に突然、隣人・円城の妻ひとみが入ってきた。酔っ払って部屋を間違えたらしく、池田のことを夫と間違え日ごろの鬱憤を爆発させるひとみ。そしてずっと欲求不満であることを告白すると池田に襲いかかり…。信じられない出来事に興奮冷めやらない池田は翌日円城宅を訪れ、ひとみに昨夜の出来事を問いただそうとするが…。