6人の若いセフレだけでは物足りなくて更なる刺激を求めて応募してきた五十路熟女

6人の若いセフレを週三回のローテーションで回しているという若々しい五十路熟女。後ろから乳首を摘まれて可愛らしい声で鳴き、手マンでグリグリと刺激されて敏感に反応。挿入後は騎乗位やバックでの激しいピストンで腰を振って悶え、最後はたっぷりのザーメンを顔にぶっかけられる。