お願いがあります。おばさんのその素敵なお尻で僕の顔を押しつぶしてください

家に遊びにきていた息子の友達に、「素敵なお尻で僕の顔を押しつぶしてください」と必死でお願いされ、戸惑いながらも、「ちょっとだけ」と上に跨がる熟女。大事な部分にハァハァとあたる湿った息で徐々に興奮してデカ尻を擦りつけ、ガマンできなくなってシックスナインでチンポを頬張る。お互い全裸になると後ろからズッポリと挿入され、ムッチリとした身体を艶かしく動かしながら硬い感触を堪能。