暮町ゆうこ 俺は肉が大好物なんだよ。もちろんこの腹にたんまり溜まったここもな

男に押し倒されて豊満な身体を貪るように責められて熟女。はじめは抵抗をするものの手マンでマンコをかき回されて感じまくり、積極的にチンポをしゃぶって挿入。座位やバックで巨乳とぽっちゃりボディを震わせ、最後は大きな尻に生温かいザーメンを射精されて昇天。

風邪の初期症状が出たので、母の乳を揉んだ。 暮町ゆうこ

季節は秋…朝晩の冷え込みも厳しくなり、冬の足音が近くに聞こえてきた。そんなある日、ゆうこはまだ薄着で生活をしている息子・フミヒコを心配していた。「風邪でもひかなければいいけど…」しかしゆうこの不安は的中してしまう。寒気を感じ、せきが止まらないフミヒコを見て「完全に風邪の初期症状だわ…」と悟るゆうこ。するとフミヒコはおもむろにゆうこの胸を揉むのだった。そして胸を揉むフミヒコの動きが激しくなり…。