宮内静子 純粋で優しかった息子がまさかこんなことするなんて。

エロ本を見ながら自分のパンツを使ってオナニーをしている息子を見てしまった母。「いつからこんなことやってるの」と叱ると、「母さんのこと好きだから昔のようにキスしてよ」と迫られて強引にキスをされ、なんとか興奮を抑えようと口でザーメンを抜いてあげる。

春本 四畳半襖の下張り 4時間大全 ~11人の娼婦の物語~

永井荷風が大正末に書いたとされる『四畳半襖の下張り』は、娼婦とのSEXの様子を事細やかに描いた短篇で発禁の憂き目にあってきた春本の傑作。娼婦のエロスを充分堪能できるコレクターアイテムです。