いけないわ、ぬか床は漬物を漬けるもので私の身体に塗って舐めるものじゃないの

漬物をつけていると娘と一緒に帰省していた娘婿に求められ後ろからズッポリとハメられる熟女。ズコズコと突かれていると途中で娘が帰ってきてしまい、屋根裏部屋で思い出しオナニーをして悶える。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 大野実花

平成二十五年盛夏。うだるような暑さが続く盆の頃。ケンイチは女房と一緒に妻の実家へと里帰りをした。三年前に入籍の挨拶に来て以来の日本家屋。玄関に着くと何ともお美しい、女房の母親・実花さんに迎えられた。「暑い中ご苦労様でした。冷たいお茶を用意しますのでどうぞケンイチさん。」肉感的なデニム尻がぷりぷりと揺れていた。汗ばんだうなじにケンイチは思わずつばを飲んだ。二泊三日の旅程で女房の実家で過ごす事になっていた。ケンイチの鼓動が高鳴り始めていた。