伊織涼子 お義母さん、そんなに寂しかったなら言って下さいよ。頑張りますから

わけあって一人暮らしをしている娘婿を心配し遠くから訪ねて来た義母。深夜に目を覚ましてしまい火照る身体を一人で慰めていると、帰宅した娘婿に見られて興奮状態でキスをされる。抵抗することもなく積極的に舌を絡ませ、ズッポリと挿入された若々しいチンポの感触堪能する。

服飾考察シリーズ 和装美人画報 vol.16 故郷から訪ねてきた、和装美人のお義母さん 伊織涼子

半年前に、些細な事で夫婦喧嘩をして、結果的に嫁は実家へと帰ってしまった。それからというもの、一人暮らしにはちょっと広過ぎる住居での、孤独な生活。朝起きるのも精一杯な体たらくである状況を心配してか、何の連絡も無しに故郷からはるばる和装美人のお義母さん・伊織涼子が訪ねてきてくれた…。