森下麻子 叔母さん今へんなとこ触ってたでしょ。居候のお返しに僕がしてあげる

お風呂での自慰行為を居候中の甥に見られ、寂しいのと引き止めて、「ちょっとの間だけ忘れさせて」とキスをする叔母。徐々に頭を股間へ移動するとすでに硬くなっているチンポを口に含んでゆっくりとしゃくる。察した甥のぎこちない愛撫に喘ぎ声を漏らすと、突き出した尻にズッポリと挿入され、ズコズコと奥までピストンされてザーメン中出し。

親戚のおばさん 森下麻子

就職活動をしているアキラは叔母の麻子の家に居候させてもらっている。昔からアキラに優しい麻子は憧れの叔母でもあった。そんなある日、風呂場でオナニーでイキ果てた麻子を目撃してしまう。その直後だからか「寂しいの」と麻子はアキラに迫ってきた。アキラも叔母の気持ちを受け止めて麻子をしっかりと抱き寄せ…。