仁科さゆり ずっと独りで寂しかった。お義兄さん、久し振りに慰めてください

息子が寝たのを見計らって泊まりに来ていた義兄の部屋へ行き、寂しい身体を慰めてもらう未亡人の熟女。上に乗って股間を擦りながらハァハァと息を乱し、手マンでグッショリをマンコを濡らすと、シ夢中で勃起チンポをしゃぶって挿入。バックや騎乗位でズンズンと激しく突かれて絶叫し、最後は顔にザーメンを浴びて絶頂。

近親相姦 端麗なる新人母 仁科さゆり

山村に住まう母子家庭の母・さゆりは東京から訪ねてくる義兄のために家の中を片づけていた。しかし彼女の心中穏やかでなかった、5年前夫の葬式の後に1度だけ誰にも言えない禁断の肉体関係を持っていた為だ。そして後日、義兄が仁科家を訪ねてきてにぎやかになる中で昔のように義兄との関係が甦るのだった。さゆりはいけないと思いつつもカラダは素直に義兄を受け入れてしまうのだった…。