三井さおり どうしてこんなに愛しているのに私の息子なのかしら。運命って残酷ね

夫に内緒で息子と二人で温泉旅館へやって来てお互いの身体を貪る母子。二人きりの世界に没頭すると愛の言葉を囁き合いながら敏感な部分を舐め合い、四つん這いになって後ろから挿入。ズンズンと逞しい身体で突かれて、「気持ちいい」とヨガり、息子の上に乗っていやらしく腰を振る。

母子交尾 [中塩原路]

母・さおりと息子の真九郎は肉体関係のある母子だ。ある日、普段とは違った状況下で肉欲を燃え上がらせようと旅行にやって来た。夏の濃緑映える温泉地で、灼熱の情事が繰り広げられる。