松下美香 「僕、オバサンが初めての人でよかった」「オバサンじゃなく名前で呼んで」

筆おろしをしたお隣の息子さんに告白され、「今度はリードして」と二回目のセックスをする熟女。小ぶりのオッパイを舐められて敏感に反応し、一生懸命なクンニで気持ちよさそうに悶える。ビクビクと元気に勃起をするチンポを嬉しそうに頬張り、シックスナインで舐めあって挿入。若々しいピストンズンズンと奥まで突かれて絶叫し、最後は顔にザーメンを浴びる。

お宅の息子さん童貞じゃありませんわよ。 松下美香

お隣さんでもあり、夫が単身赴任中という同じ境遇でもある松下家の嫁・美香と菊池家の嫁・由紀は日頃から懇意にしていた。そんなある日、由紀の夫が倒れたので由紀の息子・まさゆきを松下家で預かることになり…。出発前、由紀からまさゆきが「童貞」だという事を聞かされていた美香はまさゆきに興味を隠せずにいた。そしてその数時間後、美香はまさゆきに対して生涯忘れられない筆おろし体験をさせてあげることになるのだが…。