後藤あづさ お願いします社長さん。私を好きにしていいので息子を役者にしてください

息子を何とか役者にしようと、「お願いします社長さん。私はどうなってもいいので」とオッパイを見せる熟女。まんまと誘いに乗ってきた社長に精一杯ご奉仕をして最後は顔にザーメンを浴びる。

息子のために枕営業した私 後藤あづさ

可愛い息子が役者のオーディションに何度も落ちる姿に胸を痛める母。「かわいそうに…お母さんのおっぱいでなぐさめてあげる」なんとかして合格させようとする母はプロダクションの社長を訪ねる。お金がダメなら私のカラダでと、段々服を脱ぎ始めて…!