高嶋碧 叔母さんなんだか寂しくて…。今夜だけでいいの、一緒に寝て欲しい


甥の寝室へ行き、「何だか寂しいの。今夜だけ一緒に寝ていい?」と言ってキスをする熟女。戸惑う甥にお構いなしで全裸にすると、すでにビンビンに硬くなっているチンポを夢中で頬張り、顔面騎乗でパイパンマンコを擦りつけて挿入。汗まみれになりながら色々な体位を繰り出して絶叫し、最後は顔にザーメンを浴びてエクスタシー。

未亡人四十九日に48手 高嶋碧

とある山村に建つ、古き良き和風邸宅。茶の間。据えられた仏壇。ゆらゆらと揺れるろうそくの炎。しっとりと点火される線香。悲哀の熟尻未亡人、ミドリ。今日は、夫が亡くなってから40日目。ひとり、仏壇に向かって、つぶやく。「……アナタ…。もうすぐ……。もうすぐアナタの……、四十九日ですね………。」と。そして、縁側にて、拭き掃除を始める。突如として、画面一杯に揺れ動く、弊社伝統の透けパンデニム尻。悲哀のぷりケツ未亡人ミドリ。夫が逝ってしまって40日。お通夜や葬式や初七日が終わって、ようやく、穏やかな日常が戻ってきたのだが、この家にひとり遺されての、アナタのいない生活は、やっぱりどこか寂しい…49日の供養に捧げられる、熟尻未亡人の村のしきたり、四十八手。