藤木静子 危険な目で見つめられた時、逃げられない、そう確信してしまいました


友達の家に宿泊中、深夜にブツブツと独り言を喋っている引き篭もりの息子さんに遭遇し、布団に引きずり込まれてハメられる豊満熟女。脂肪に埋もれたマンコを広げられてベロベロと舐め回され、ガンガンと荒々しいピストンで奥まで突かれて顔射フィニッシュ。

僕の女房を抱かせてやるから、君のカミさんをヤラせてくれ。 真弓あずさ 藤木静子

藤木家のおしどり夫婦である、静子と昭二。真弓家の玄関の前に立ち、静子が呼び鈴を鳴らす。少ししてから、玄関の戸が開き、あずさが笑顔で出迎える。そう、この日から付き合いの長い、仲良しの真弓家へ泊まることとなっていた。しかし、静子はただならぬ予感を感じていた。それは、真弓家との親密過ぎる関係にあった。しかし、物陰から覗く真弓家の長男・ダイスケの獲物を狙う様な目付きで、静子を見つめていた…。