竹下千晶 わたしってズルい女ね。好意を持っているのを知ってて都合のいい時だけ…


大事に育てた一人息子に彼女ができ、モヤモヤとした気持ちを晴らすために自分に好意を持っている男の誘いに乗って受け入れてしまう熟女。濃密なキスでレロレロと舌を絡ませあい、シックスナインで夢中でチンポをしゃぶる。上に跨って騎乗位で挿入すると、お椀型の巨乳をユサユサと揺らしながら気持ちよさそうに喘ぎ、高速ピストンで絶頂に達する。

近親相姦 たかし、スケベなお母さんでごめんね…。 竹下千晶

女手一つで一人息子のたかしを育ててきた千晶。時に優しく、時に厳しく千晶は高潔な「母」としてたかしに接し、たかしもそんな千晶の事を尊敬していた。しかしそんな母子の関係はもろくも崩れ去る事になる。「母さんおれ彼女ができたんだ」そのたかしの発言から数日後、千晶は自宅でたかしと恋人がセックスしている姿を目撃してしまう。息子のペニスと恋人のヴァギナが擦れあうのを見て、千晶の中の「女」が目覚めてしまい…。