扇原樹理 もう閉経しているのに硬いの見せられたらアソコが疼いて仕方ないじゃない


家にやってきた若い男の口説き言葉に閉経している子宮が疼いてセックスをする五十路熟女。カチカチになっている股間を触って興奮し、パイパンマンコを弄られて淫汁を垂れ流す。シックスナインで勃起チンポを根本まで頬張り、トロトロマンコへ挿入開始。バックや座位でズコズコと奥までピストンされて気持ちよさそうに喘ぎ、最後は妊娠の心配が無いのに乳射フィニッシュ。

近親相姦 閉経母 扇原樹理

「ついにこの日がやってきた…」50歳を越えた樹理に訪れた<閉経>―。樹理は生理用品をゴミ箱に捨てながら万感の思いに浸っていた。しかし一方であの煩わしい生理痛からの解放、そして何よりいつでもセックスができるという喜びに心弾ませていた。そんな母の気持ちなど知らず、息子のジュンヤは家から生理用品が無くなった事を母に問いただせずにいた。そんなある日、ジュンヤは母に<閉経>の真偽を確かめるのだが…。