大橋ひとみ 幼い頃からアナタの笑顔に癒されました。ボクはオバサンが大好きです!


小さな頃から自分の子供のように接してきたお隣の息子がアメリカへ旅立つ前夜、「好きです」と真剣に告白されてキスをされる熟女。すると、自分の中の感情が一気に爆発して自ら積極的に舌を絡ませ、クンニと手マンでぐっしょりとマンコを濡らして喘ぐ。勃起チンポをフェラとパイズリでシゴくと、「欲しいの」と腰を擦り寄せ挿入へ。グチョグチョと騎乗位やバックで突かれて感じまくる。

幼なじみの母 大橋ひとみ

幼い頃から隣同士で住む仲の良い大橋家<母「ひとみ」娘「梨花」>と片桐家<父「武史」息子「慎平」>の関係が、片桐家のアメリカ行きで途絶えようとしていた。出発まであと一週間…、片桐家が引越し準備などで足の踏み場もない為、大橋家と共同生活をする事になるのだが、慎平を息子扱いするひとみに、母性と憧れを抱く慎平の気持ちは別れが近づくにつれて日に日に大きくなっていた。そして旅立ち前夜、遂に想いを告げて…。