黒田ゆり江 母親のお風呂覗くなんて情けない。そんなにこのデカ尻が気になるの?


息子にお風呂を覗かれた母。「母さんのお尻が気になってしょうがないんだ」と言う息子に、「じゃあちょっとだけなら」と目の前でスカートを捲って見せ、勃起チンポを擦りつけられて徐々に感じてしまう。お願いされて顔の上に跨るとグリグリとデカ尻を押し付け、ガマンできなくなった息子が挿入。バックでズコズコと突かれて喘ぐ。

ムッチリ巨尻の五十路母にマンズリ騎乗で食べられちゃったボク 黒田ゆり江

無類の尻フェチな夫は、野暮ったく形崩れた妻の巨尻を溺愛していた。それは何気ない日常の中でも息子の目を盗んでは「触り」「眺め」「頬擦り」を繰り返すほどだった。夫の血は息子に引き継がれ大人になった息子はゆり江の豊満な巨尻を見るようになる。息子の異常な行動に興奮を覚えたゆり江は、子宮から熱く込み上げる体の火照りを息子の顔面に跨りながら発散しはじめる…