三浦恵理子 眠れないんです。オバサンのオナニーを見てしまってボク眠れません


オナニーを見られた息子の友達に、「寂しいんですよね、ボクがオバサンの欲求不満を解消します」とオッパイを揉まれる熟女。「ヤメテ」と必死で抵抗するも、強引にパンツを脱がされてトロトロマンコを見られ、クンニで吸われて感じてしまう。目の前に勃起チンポを出されると躊躇しながらも口に含み、一旦口に入れると夢中で頭を振ってジュポジュポと激しくシゴく。挿入後はズンズンと後ろから突かれてヒクヒクと痙攣して絶頂。

友人の母 三浦恵理子

夫と離婚し息子と二人暮らしの恵理子。泊まりで勉強しに来た息子の友人の入浴時、若者の裸を見て思わずオナニーしてしまう。それを目撃した友人は翌日仮病を使い恵理子に迫り犯してしまう。若者たちは何度も恵理子の身体を求め抵抗する恵理子も閉ざされていた女の欲望に目覚め次第に激しく乱れ白目を剥いて何度も果てる。