結城みさ ごめんなさい、僕には慰め方がわかりません。でも好きなんです


出張先の宿で日頃のストレスから泥酔して気弱な部下に当たりまくる女上司。徐々に本音を語って泣きだすと、後ろからキツく抱きしめられながら、「ごめんさい、でも、好きなんです」と告白されて流されるままに身体を重ねる。

たびじ 上司と部下 結城みさ

彼女が、課長になって初めての仕事は、新しいライフスタイルの確立というテーマだった。ただ、私には、他に心配な事があった。部下に、私は…。意味深な心の呟き。上司と部下という関係を超え始めようとしていた頃の出来事なのだが…。