七海ひさ代 アナタはそっくりなのよ、私が生涯でただ一人だけ愛した人に


今までただ一人愛した人にそっくりだという甥っ子に泣きついて受け入れてもらう四十路の叔母。幸せそうに抱きついてキスをし、クンニと気持ちよさそうに喘いで恍惚の表情を浮かべる。反応を見ながらジュルジュルと勃起チンポを頬張り、挿入後は涎を垂らしながらスレンダーな身体を淫らにくねらせる。

叔母の誘惑 ~僕を激しく魅了する熟れた肢体~ 七海ひさ代

ひょんな事から叔母のひさ代と同居することになった達郎は彼女が性に対して奔放過ぎる事に頭を悩ませていた。下着を隠そうともせず胸元や股間を見せつけ、毎晩のように喘ぎ声を響かせ自慰に耽って…。そんな日々に達郎は戸惑いを隠せず悶々と過ごしていた。そしてある夜、達郎の入浴中に突然ひさ代が入ってきたのだ。驚く達郎をよそに全裸のひさ代は、はちきれんばかりに勃起してしまった達郎の肉棒を弄びながら絶頂へと導き…。