春野雛子 母さんは僕に愛情を注いでくれる、女性としても母としても素敵だよ


息子の前で今はいない父との馴れ初めを話し、自信がない素振りを見せると、お母さんは女性としても母としても素敵だよとキスをされて押し倒される母。お母さんも大好きよと息子の想いを受け入れ、手マンで感じてマンコを濡らす。ギンギンに勃起する息子のチンポに夢中で吸い付き、バックからズッポリ挿入。脂の乗った身体を揺らしながら息子の名前を呼んで気持ちよさそうに喘ぎ、フィニッシュは乳射から出きる前に口でお掃除。

母が愛した息子達 春野雛子

今日も、朝日が差し込み優しい空気感に包まれている春野家の食卓。テーブルには三人分のコップが置かれている。母・雛子、長男と次男という、家族三人。しかし、椅子の数は四つ置かれているという訳ありの家族構成だった。元教師の雛子が、愛する二人の子供との関係と、過去の軋轢が複雑にカラみ合おうとしていた…。