若松かをり オレ、もう珍走団のリーダーなんて辞めたい。どうしようお母さん


珍走団のリーダーを辞めたくて落ち込んでいる息子を優しく包み込む母。抱きしめてキスをし、手マンとクンニでマンコを濡らすと、お返しフェラで元気なチンポをジュポジュポと根本まで咥える。挿入後は騎乗位やバックでのピストンで激しく突かれて悶絶。

友人の母さん ~珍走団二代目リーダーヒロトの母編~ 若松かをり

一人息子のヒロトが「珍走団(暴走族)」に入り二代目リーダーに就任してからというもの、見た目も性格も変貌していくヒロトに手を焼いていたかをり。そんなかをりの心の支えはヒロトの幼なじみの光一という青年だった。怖がって誰もヒロトに近づかなくなってからも光一はいつもと変わらずヒロトを気にかけてくれるのであった。そんな心優しい光一に対し、かをりも「息子の友人」としてでなく「異性」として心惹かれていき…。