大嶋しのぶ 叔母さん泣かないで。僕じゃ力不足かもしれないけど慰めてあげたい


甥っ子と二人で酒を飲んでいると死んだ夫を思い出して感情が爆発し号泣する叔母。二人で抱き合ったまま一晩中泣き明かした後、甥っ子に慰められるように自然と身体を重ねる。手マンとクンニで愛撫されて浴衣を乱しながら潮を吹いて喘ぎ、シックスナインで勃起チンポに吸い付いて挿入。何もかも忘れようと騎乗位やバックで夢中で腰を振って快感に浸る。

たびじ 叔母と過ごした夏 大嶋しのぶ

叔母・大嶋しのぶの家にやって来た、大学生の正彦。彼は、半年前に未亡人となった叔母の事を心配していた。しかし、美人で気丈なしのぶに対しに思いがけない感情を持ってしまい、次第に惹かれていった。彼の中で、夏の「終わりの、始まり」が幕を開けた瞬間だった。そして、しのぶもまた、逞しくて優しく成長した正彦に自然に惹かれていった。互いの気持ちが複雑に交錯しつつも、激しくも濃密な時間を過ごす事となった二人の結末は…。