冬木舞 このことを二人だけの秘密にしてくれるなら叔母さんのこと好きにしていいのよ


「好きにしていいのよ。でもこのことは二人だけの秘密」と言って甥っ子とキスをする四十路の叔母。レロレロと舌を絡め、予想してなかった甥っ子のテクで感じて、「気持ちいい」と絶叫。ハァハァと息を乱しながら逞しい肉体を舐めまわし、フェラとパイズリで勃起チンポをシゴいて挿入。騎乗位でうっすらと腹筋を浮かべながら淫らに腰を振って悶え、顔にザーメンを浴びて絶頂。

綺麗でいやらしい叔母さんのグラマラスな肉体とド淫乱ぶりに勃起する僕 冬木舞

叔母の家に荷物を届けに訪れた甥・ケンジ。以前から美しい叔母に淫らな想いを抱いていた甥は叔母が出かけた隙に使用済み下着で自慰に耽るが現場を見られた拍子に下着へと射精してしまう…。