加藤英子 火照った身体を慰めて欲しいの。横で眠る娘を起こさないように気をつけてね


夫と娘夫婦で温泉旅行へやって来た熟女。関係を持ってしまった娘婿のことを想いながら火照る身体を一人慰めるが、我慢ができなくなってこっそり部屋へ押しかける。寝ている娘婿を起こすと潤んだ瞳で求め、横で寝ている娘のことなどお構いなしで激しいキス。手マンでグチョグチョと卑猥な音を立ててマンコを濡らし、寝パイズリでチンポをシゴいて挿入。必死で声を押し殺しながら段腹を揺らして感じまくり、最後は顔にザーメンを浴びて昇天。

寝取られ温泉旅行 ~湯けむりで燃え上がる相姦の湯~ 加藤英子

家族との時間を犠牲に働き続けて40年―。晴れて定年退職を迎えた明夫と、夫を支え続けてきた英子をねぎらう為に娘・冬美の夫・太郎が計画した「温泉旅行」。明夫が現役時代には決して行くことの出来なかった家族旅行に胸を弾ませ、太郎に感謝の気持ちを抱きながら一行はとある温泉街にやって来た。宿に着き早速、冬美と共に温泉に浸かる英子。しかしその英子の肉体を一人の男が怪しい目つきで覗くのであった。その男とは…!?