庵叶和子 あなたの気持ちに気づいてあげられなくてゴメンナサイ。お母さん何でもするからね


息子が自分に好意を持っているのを知った母が、気持ちに気づいてあげられなくてごめんなさいと謝り、男にしてほしいという息子の願いを叶える。優しいキスから豊満な身体を隅々まで愛撫されてマンコを濡らし、息子を立たせて勃起チンポに舌を這わせる。ズッポリと挿入されると、ハァハァと息を乱しながら騎乗位で腰を振って乱れ、バックでデカ尻を突かれて悶絶。

友人の母さん ~野球部エースで四番ハヤトの母編~ 庵叶和子

同じ野球部に所属する友人のハヤトはエースで四番、勉強も出来て、ベンチ入りすらできない太郎とは明らかに出来が違っていた。しかもハヤトの母の叶和子は絶世の美人とあってどうしてここまで差がつくのか太郎は卑屈に感じる時もあった。しかしハヤトにもある悩みがあったようで、その相談を叶和子からされているうちに太郎と叶和子は男女の関係を結んでしまう。年の差を超えた太郎と叶和子の愛は順調に育まれていくのだが…。