冬木舞 お願いだ母さん!今日だけ、今日だけでいいから好きなだけお尻触らせて


「このままじゃおかしくなりそうだ。もう触らないから、今日だけお尻を触らせて」と土下座をして懇願する息子に渋々了承した母。四つん這いになって尻を突き出すと尻肉を鷲掴みにされて揉まれ、お尻だけじゃなくスリスリとマンコも触られ敏感に反応。股を広げられてマンコに指を突っ込まれ、目の前に出されたチンポを口に含む。もう止まらなくなった母、上に跨って挿入するとグリグリと股間を押し付けて更なる快感を求め、バックでズンズンとデカ尻を突かれてそのままザーメン中出し。

僕だけが知っている母さんの艶尻 冬木舞

僕は最近、とても気になることがある。それはすごくいけないことなのだけど、お母さんのお尻にどうしても目がいってしまうことだ。きっと父さんも気付いてない母さんのスケベなお尻。エロ本を見てもお尻にばっかに目がいっちゃう。でもどんなお尻を見ても、やっぱり一番は母さんのお尻。このままじゃ僕、頭がおかしくなりそうだ…。