暮町ゆうこ 海の音を聞きながらの開放的なセックスはなんて気持ちいいんでしょう


息子と一緒に漁をしていた五十路の海女さん。息子が疲れて寝てしまうと、一緒にいた男にオッパイを揉まれ、少し離れた場所に移動して海をバックに野外セックス。ふんどしの隙間から手を突っ込まれて掻き回され、デカ尻を振りながらチンポをしゃぶる。立ちバックで挿入すると、ズンズンと突かれる度に脂肪を揺らして悶え、騎乗位で腰を振って、「あー気持ちいい、ダメダメよ」と絶叫。最後はデカ尻にザーメンを発射されえtお掃除フェラ。

海女 あら波に揉まれた母さんの胸 暮町ゆうこ

夫が借金を残して蒸発…残されたゆうことタクヤは唯一の身寄りである義兄を頼り、とある海辺の家を訪れる。しかし義兄から寝床はおろか食料を与えられることまでも拒否されてしまうのだった。「お母さん海女になる!」背に腹は変えられないとゆうこは海女になる決意をする。そして数々のあら波に揉まれようやく海産物を採る事ができるようになったゆうこ。そんなある日…海に潜ったゆうこは非常に珍しい真珠を発見して…。