宮部涼花 先生お願いします、息子にはどうしても大学に進学して欲しいんです

母子家庭でお金はないが、なんとか特待生として息子を大学に進学させたいと先生に相談する熟女。すると担任教師に、「色っぽいですし、お母さんが頑張れば大丈夫でしょう」と身体での推薦枠獲得を提案され、驚くものの可愛い息子のためと受け入れてしまう。

▼動画はこちらから。スマホ対応。