桐岡さつき わたしがこんなに感じているのは、ふぐの毒で痺れただけなの

ふぐ料理を経営していた夫がふぐに毒で死んでしまい、突然未亡人になって悲しみにくれる熟女。そんな時、閉店寸前の店をなんとか再建しようと奔走する弟子が持ってきた玄界灘のふぐを食べて感動し、そのまま勢いでセックス。

▼動画はこちらから(外部リンク)。スマホ対応。ポップアップ広告非表示

▼またはこちら