牧原れい子 お母さん、伝説のストリッパーだったの。実は復活しようと思うんだ

息子の学費を稼ぐため、伝説のストリッパーとして活躍していた劇場に舞い戻る五十路熟女。復活を息子に相談すると、好きだと告白されて結ばれ、それでも復活を遂げた劇場では、客とのまな板ショーで妖艶なカラミを魅せる。