見つめ合う二人の間を淡い桃色の空間が広がる、そんな小説のようなセックスがしたい

自分が書いている官能小説を読みながら男に愛撫される熟女。激しい手マンとクンニで絶叫してほしがり、騎乗位やバックで貪欲に腰を振る。