父さんのせいで欲求不満にさせてごめんなさい。代わりに僕が気持ちよくさせます

欲求不満をガマンできずに毎日していたオナニーを息子に見られ、僕が欲求不満を解消してあげると迫られる義母。はじめはダメよと抵抗していたものの、敏感になっているマンコを触れられて気持ちよくなり、そのままズルズルと最後までしてしまう。